音楽で溢れている

普段何げなく生活しているとあまり気づかないことかもしれませんが、世の中は音楽であふれているものです。

ちょっと立ち寄ったコンビニやレストランの中では様々な曲が流れ、駅に行けばアナウンスの前後や電車が到着する前にも流れることもあるでしょう。

これらは気にならないほど日常的なシーンに溶け込んでいるとも言えます。
近年ではCDを購入する機会も、聴く機会も少なくなってしまいましたが、だからと言って音楽がなくなったわけではありません。

配信サービスに加入している人も多く、このように人は音楽に魅了されているといえます。
音楽の魅力でまず第一に挙げられることは、一つとして同じものがないということです。

音には音色があり、楽器でいえばピアノの音色とバイオリンの音色では、たとえ同じ音を出していたとしても楽器によって全く異なります。
またいろいろな人が同じ楽器を使って同じ曲を演奏したとしても、同じものにはなりません。

一人の人が複数回演奏したとしても全く同じ音色にはなりません。

アーティストの歌声

アーティストの歌声を聴いても、その時々の気持ちで歌い方が異なっていることがわかるでしょう。
そして生演奏なのか録音なのかによっても大きく異なります。
録音で同じ曲を聴いていたとしても、その時のコンディションや精神的な気持によっては自分にとって全くきこえ方が異なることもあります。

このように一度として同じ音を生み出すことはないことがわかります。
奏でられても一瞬のうちに消えていき、美しくもはかないものと言えるでしょう。

そしてクラシック音楽の奥深さが挙げられます。クラシックは人間の想像力をかきたてる要素をたくさん持っているものと言えるでしょう。

何百年も前に作られた楽譜が今でもなお受け継がれて演奏されています。
楽譜には作った人の様々なメッセージが込められています。

どのような環境で、どのような気持ちの時に作曲を行ったのか、その作曲家の性格はどのような性格なのかなど、様々なことが演奏を通して伝わってくることでしょう。

演奏家たちは作曲家の思いをよみがえらせることができます。これは非常に素晴らしいことと言えるでしょう。

クラシックには基本があり当たり前のことを当たり前に演奏することになりますが、オーケストラのグループや指揮者一人によっても奏でる音楽は全く異なるものです。

新しい曲

どんなにこれから新しい曲が生み出されたとしても、人間とともに歩んできた歴史を感じることができるのは、クラシックの大きな魅力といえます。

最後に人の感情を動かすことができるという点です。悲しい曲を聴けば自分も悲しくなり、明るく元気な曲を聴けば楽しく元気にもなることでしょう。

美しく優しい旋律が聞こえてくれば、心が癒やされるかもしれません。このように人の感情を動かすことができるので、悲しい気持ちに陥っているときには明るく元気な曲を聴いて元気をもらったり、疲れているときには優しい音楽を聴いて癒やされたいと思うことも多いものです。

自分の感情に合わない曲を聴くと、どんなに良い演奏であったとしても不快に思ってしまうこともあるでしょう。

スポーツ選手が試合の前に集中力を高めるために、自分の好きな音楽を聴くという話はよくあることです。

シーン

このようなシーンでも幅広く使われていることがわかります。このように人間の感情が動くのは、人間のなせる技と言えるでしょう。ほかの動物にできることではありません。

人類が地球上に誕生した時点で、人間は物をたたいて音を作り出したり、自分の手をたたいて拍手をしたりと、様々な音を作り出していたといえます。人間の声も立派な音を奏でる楽器と言えます。

世界中のいたるところで音楽が原点として今なお生き続けています。